カジノ合法化に向け、カジノ議連会長らギャンブル依存症問題で動く!

MENU
↓スマホでも遊べる「ベラジョンカジノ」で、カジノゲームを無料体験してみませんか?↓ 東京カジノプロゼクト,Android,IOS,アプリ,配信開始 ↑初回入金ボーナス最高$500の100%プレゼント中!↑

カジノ合法化に向け、カジノ議連会長らギャンブル依存症問題で動く!

ギャンブル依存症の調査を要請し、検討の考えを示す!

 

26日、超党派のカジノ議連会長の、細田自民党幹事長代行は
ギャンブル依存症の調査を、加藤官房副長官へ要請し、
官房副長官は、これを検討する考えを示しました。

 

ここで個人的な意見として・・・

 

海外のカジノを含む統合型リゾート(IR)は、
特定の場所にだけありますが、
日本のパチンコホール(パチスロ、パチンコ)は、その点どうでしょうか?

 

いくら何でも、身近にありすぎると思いませんか?!

 

日本のギャンブル依存症問題を考えるなら
パチンコやパチスロも大いに含め、考えるべきだと
個人的に思います。

 

当サイトでも、オススメしている「ベラジョンカジノ」は、
ギャンブル依存症をなくすため、早くから取り組みを開始しています。

 

例えば、ギャンブルの限界や予算、プレイ時間を設定する機能や
冷静になる時間が必要と感じた時などは、ログイン制限を設定し
強制的にカジノで、遊べなくする機能など。

 

また、ギャンブル中毒者、その友人、親族のための支援組織の連絡情報など
積極的に取り組んでいます。

 

『カジノの合法化を目指す超党派の「国際観光産業振興議員連盟」(IR議連)会長の細田博之自民党幹事長代行らは26日、同党本部で加藤勝信官房副長官と会談し、政府を中心にギャンブル依存症の実態を調査するよう求めた。加藤氏は前向きに検討する考えを示した。カジノ合法化で懸念されるギャンブル依存症患者の増加に積極的に取り組む姿勢を示すことで、慎重派の理解を得たい考えだ。』【産経新聞】より引用
カジノ議連がギャンブル依存症調査を要請

スマートフォンやPCで「カジノゲーム」を無料体験 ↓ ↓ ↓